janoti31のひとりごと日記

すべては奇跡、偶然なき必然

地震のあった朝と、その後思った事

 

月曜の朝ほど、かったるい物はないし。

仕事がキツい時とか毎日がつまらん時は

月曜の朝は現実に引き戻される時。

 

なんていうか週末の外泊終えて宿舎とか

檻の中に戻るような感覚。わたしの場合は

起動や再起動が遅いので初動が鬱なんだが。

 

8時前にガラガラガラッて揺れが来た。

前の夜半から風が強くなって、嫌な感じ

だなと薄っすら思ってたら地震が来ました。

 

少し揺れるかと思ったが案外大きくて

これは・・・タテに速く揺れた印象。

ヨコにぐらりぐらりと言う前振りが

ほとんど無かったような感じだった。

 

幸いにも家具がこけて少し散らかった

だけで済んだけど、北摂や京都南部、

は被害が大きかったみたいだ。

 

片づけもしないまま出社、なんか後ろ髪

引かれながらね。感情のままで言うと

びっくりして微妙な気分になったので

仕事なんて行きたくなかったんだけど。

 

慣れてはいけないが、怖がっても仕方ない。

経験値はムダにはならない。なぜって生存本能

って自覚以上に強いようなので、今のところ

2時災害があんまり聞こえてこないのが救い。

 

腹が立ったことはデマを流す困った人が居る

こと、カルマは地震どころじゃない恐ろしさ

なのに・・・対人自動追尾ステルス兵器で

期限や時間関係ないから。

 

あと気づきはスーパーに水が置いてない。

多分、地震の先生がしばらくは余震で

もう一発来ますみたいなニュアンスで

アナウンスしたものだから、みんな買いに

走ってすっからかん。わたしの所は24区内

だからまだマシな状況だけど、北大阪は

もっとシビアだと思う。

 

少し前にアメリカ海軍の病院船をニュース

で見たけど、日本も検討中で話が進んで

無いらしい。費用のせいで。

人の命以外に何に金を惜しむものがある

って言うのか。人は減っていく。

しかし人の命の重みは変わらない。

 

でも今の日本は金やシステムの方が人の

命より重い。人の命に価値がないとすれば

それはそれで世界が変わる。

 

東日本も熊本も傷が癒えぬうちに大阪。

自然はひとりではなく分かち合えとの

メッセージと受け取った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サッカー代表ロシアW杯3連敗ほぼ確定

 

やってることは知っていたガーナ戦。

でも見る気はしなかったガーナ戦。

 

でも現状でどれだけなんだろうと思い

後半半ばからテレビを付けたが、言葉が

出ない。淡々と時間が過ぎて終わり。

 

なんか白いまわし付けた関取に胸貸して

もらって転がされてる黒いまわしの力士

の姿を連想してしまった。

相手は明らかに本気ではない様子。

メンバーも若手が多く、セレクション&

サバイバルのようなピリピリ感も感じ

られなかった。

 

そのような相手に歯が立たない日本代表。

弱いのはっきり分かってるよ。

負けるのほとんど分かってるよ。

勝てないのかなり分かってるよ。

 

下手でも強いジャブを打ち続ければ

相手を少しずつ削れるがそのジャブすら

効かない効いてない状況。

点を取るには相手のミスを待つしかない。

しかしミスというものは慌てさせないと

出ないのでゆっくりな攻撃の日本代表には

相手にミスをさせる可能性もかなり低い。

 

こんな時期に国内で試合する意味が

どれだけあるのだろうか?

 

もう2年後の東京五輪用のチームで

ロシアに行って欲しい気持ちです。

それまではコパアメリカ含め、試合は

すべてアウェーで頭を下げてこちら

から出向いて武者修行して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のお菓子 その3番外編1

最近よく飲んでいるものをあげてみる。

 

f:id:janoti31:20180528223017j:plain

 

左がウィルキンソンジンジャーエールの辛口

右がジョージアのジャパンクラフトマンのブラック

 

ジンジャーエールは近所に売ってる場所が無いので

デカい駅近くの成城石井で買ったもの。ジョージア

は近所のスーパーで買えてるのでありがたや。

 

毎日ジンジャーエールは身体に毒なのでたま~にで

ちょうどいい感じ。ペットとビンがあるが、ビンは

一気に飲み干せる量しか入ってない。190mlだが

100円しなかったなあ。けど少ないので左の500ml

ペットも購入。

 

ノーマルも美味しいけどどうせ飲むなら辛口で。

なんか日本酒みたいな言い回しですが、日本酒を

飲んだらわたしは確実に死にますが、これなら

この世に留まれます。

強めの炭酸と喉にかかるジンジャーが満足を保証。

慣れない人は少し喉が痛く?感じるかもしれないが

これがたまらない。いちど飲んだら普通のジンジャー

エールに戻れません。

ノーマルでもコカ・コーラの物よりは美味しい。

ああ向こう岸へ渡ってしまった感ありあり。

 

右のジョージアはカフェラテかもう一個味あるのですが

コーヒーはブラックに限るのでこれ一択。最近クラフト

ボスとか、前からある缶のタリーズブラックとかあります

がこれがいちばん飲みやすくて美味しい。

香りはコールドなんであんま気にしてないけど、酸っぱさ

が匂わないのと苦味がマイルドなのですいすい飲める。

 

朝食と昼食時に飲むのが最近のお約束になってる。

ジンジャーエールは休日の昼用です。週1本限定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日大アメフト部ラフプレー騒動について思うこと

問題のプレーを動画で見たけど、背筋が寒く

なった。問題となった選手が出場停止になった

とかで知ったのが発端でしたが。

 

背後から狙った意図的なクラッシュプレー。

これは監督やコーチから指示された事に間違い

ないでしょう。部内の練習でこんな事したら大変。

怒られるってもんじゃ済まない。しばらく謹慎とか

練習させてもらえないレベルの危険なプレーです。

下手すりゃ退部通り越して退学ものの事案。

 

今日現在で色んな情報が錯綜してますが、一番

問題になっているのが日大の監督が隠れて出て

来ない事で炎上の原因になっている。コーチに

任せているとかいい訳すればするほど、山火事の

ように燃え広がっている印象、被害を受けた

関学の監督とコーチは謝罪や状況説明を要求して

いるだけに日大側の態度の悪さは目立つ。

 

以前日大のホームページを見た事があるが

スポーツに強い日本大学とアピールしてあった

のを思い出す。アメフト部がこの大学の看板

クラブであることはスポーツに詳しい人なら

認知されている事実。

その看板クラブが問題を起こしてしまった。

大学としては死活問題の事件。拡散されて

いろんな人が発言しているが、いずれもあり得ない

とか危険とか常識を疑うとか、指示されたもの

でしか無いと言う判断がほとんど。日大側としては

出来るだけ穏便に済ましたいものだから、時間を

稼いで指示をしたプレーヤーが退部するとか、

相手の選手がどうやら回復傾向にあると言った

情報を集めてから、後出しジャンケンのような

都合の良い形で発言した可能性がある。それが

「監督が反則行為の指示はあり得ない」と。

 

これを知った時、ああクロだなと確信した。

指示した選手に罪を被せて自主退部に持って

いき、偶発的な事故に見せかけてうやむやに

しようと言う魂胆か。私たちは関知しないと

でも言いたいのだろうか。

 

アメフトというスポーツはフィジカル面が

注目されがちだが、本質は細かい緻密な陣地

取りゲーム。限られた時間と攻撃回数の中で

いかに手の中の作戦を駆使して前に進んで

点を取っていくか。各プレーヤーも細かく指示

されて専業化されており。自己の判断で無謀な

プレーをすることは非常に少ないと思うのだが。

そんな中で指示が無ければあのようなプレーが

出るのだろうか?

 

いいからやれと言われて忸怩たる思いで

タックルをやらされたに違いない。大学の

スポーツでは監督はとても大きな存在。プロでも

ない彼らにとって先生や親以上に逆らえない存在。

むしろそれは指揮官と兵隊のそれではないか?

なかったかと思う。俺の言うとおり動け。

そうすれば勝てる上手くなる。

そんな情景が目に浮かぶようだ。

自分が指示したプレーでなくても危険なプレー

ならば、私の指示が悪かった、行き届いてなかった

と謝罪するのが筋ではないだろうか。監督は

試合中の選手の行動すべてに責任を負う。

選手の受け止めかたとか間違って伝わったとか

見苦しい言い訳過ぎる。大学の人間なら監督で

ある前に教育者ではないのか?言った伝えた

ではなくて、どう伝わったかが問題なのに。

 

大学スポーツ、アマチュアスポーツは勝ち負け

以上に大切なことが人間教育。チームワークや

利他的精神。社会的な奉仕や多面的な意味を習う

訓練するという目的や意義もある。それが生徒を

集めるために広告塔としてばかり先走って勝利至上

になり。大事なものを忘れてしまった顛末なのかな

と見える。

 

生徒や選手を管理する以上に、教員や理事と言った

大人が管理されてなかった上の起こるべきして

起こった事か。多くの学生を抱える大学だけに

ブランドイメージの失墜は大きい、何より日本では

まだマイナースポーツであるアメフトの発展に打撃を

与える事案になる可能性がある。

 

少子化の上にコンタクトスポーツの競技人口は

減り続けているとも聞く。大怪我して一生車椅子

生活になると思ってアメフトやってる人間なんて

居ないと思うから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年こそ断捨離を成功させる

と心の中でフレーズが浮かんだけれど。

 

 

そこまでたいそうな事は考えてはいないし

ミニマリストになりたいという願望もない。

いやいや。ほんのちょっとだけ有る。

とんがったんじゃなくて、ちょいミニマリスト

を目指したいなと思う。

 

そのためには物をため込まない事や買わない

事が大切なのだが、わたしは買い物や衝動買い

が好きである。なので買い物をしつつ物を

ため込まないのを目指しているのだが。

それがなかなか難しい。捨てると言うのは

買い物と同様に決断をしないといけないから。

 

考えてるうちに迷ってきて、まだ使えるとか

また読める、着るとか考えちゃうともうダメ。

こまめに捨てないと思いつつ。結果、物は増えて

なかなか減らない。ストレスとかで発作的に

気分転換に買い物してしまう事もある。

 

アタマの中で理想を思い描くのはテレビに出て

くるような広いスカスカの部屋。だが現実は

そうもうまく行かない。いつもこの時期に

なると思い描くのだが、いつの間にか忘れるか

どうでもよくなってしまう。要は気持ちが

持続しないわけ。エネルギーを使うのであれば

習慣にして無意識にできるようにしたいと

思うのだが、なかなか癖付かない。

 

仕事などで忙しくなったり、時間が無かったり

するとそれに追われたり、ぐったり疲れたり

するともう無理って感じでできない。

いちど挫折するとどうでもよくなって手に

付かないか、他の事をやったりする。

かと言って、ハマるとなかなか切りあげ

られない事もあって極端。

 

脳の特性のせいであんまり物は無い方が

ストレスや間違いが少なくて楽に生きられる

可能性が高いと数年前から思い始めたもので。

部屋がスカスカになったらどうするか?

何かしたいとは思わないがちょっと傷んだ

場所を少し手直ししたいなとは思っている。

 

引っ越ししたらとも考えるけど、引っ越しも

しんどいから、なぜなら引っ越しとは物を

運ぶ作業だから。

泥棒さんじゃないけど、給料の天引きみたいに

部屋の物が減っていくサービスとか無いのかな。

 

本当に大事な物なんてそうそう無いはず。

どこまでできるか自分との戦い。

 

買うも快楽、捨てるも快楽。執着を放した

ふわっと感覚。信じられない贅沢だ。

 

 

 

 

 

イチロー事実上の引退

とうとうこの日がやって来てしまったかと

言う感じ。球団の特別補佐というタイトルを

貰っての終身契約。確か元ヤンキースの松井

秀喜もGM特別補佐とかだったような、似た

ような感じですね。

 

ドライな契約社会だけど、あまりにも功績が凄い

から本人もそうだけど、周囲や地元のファンや

コミュニティに配慮しての持って行き方かなと思う。

 

殿堂級の選手でも引退してから終身契約でアドバイザー

や補佐と言った名誉職や大使職に誰でもなっている

訳ではないので単純に凄い事だと言える。

こいう職は人柄重視で成績凄くても性格や素行が荒い

人間はまずなれないと思うので。

 

普通の会社で言えば、職場でのポストやタイトルが

なくなって名前だけ残ってるような感じだろうか。

 

近い物で言うとアレックス・ロドリゲスやF1の

ミカ・ハッキネンジェンソン・バトンが休養発表

そのままフェードアウトリタイアしたような感じ

だろうか。しかし本人の意向があれば試合にスポット

で復帰できるオプションが付いているそうだ。

 

今から17年前の開幕戦でティム・ハドソンと対戦して

から、あっという間だったような気がします。

メジャーリーグがパワー全盛の時期にスピードと

アベレージ、ディフェンスを売りにして一迅の風を

吹かせたことは確かだと思います。

 

オリックス時代にパンチ佐藤とセットで本名を知った

時は少しへえ~って思ったのを思い出します。

今では珍しくなくなった、苗字ではなく名前の選手

登録のはしりだったとも言えるのかな。

 

ケン・グリフィーJrに憧れて打法が似ていた時期も

あった。パワーじゃなくて角度の問題でホームランを

打てるような話も聞いたことがある。角度の問題とか

それって最近流行りのフライボール理論を早くから

見抜いてたことになる。野球の探究者ってのに納得。

 

大谷翔平とはすれ違いで終わってしまったけど。彼ほど

の存在はそうは簡単には出てこないかな。今年の残り試合

マリナーズの行き先にはイチローありがとう、お疲れ様の

引退ツアー状態になるのだろうか。いや引退とは言って

無いからお疲れ様は無しで、暗黙の了解で今まで

ありがとう。拍手されて送り出されていくんだろうな。

 

派手に去るよりは静かに去りたいのが彼の本望であろうし。

まあ外野がとやかく言うことではないですね。

 

誰もが歳を取る、光り輝く時間はあまりにも短い。

しかし信じられないひとりの選手が居たってことは忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天然石を買う時のこころがけ

少し前から、いつからだったかは忘れたが。

 

天然石のブレスレットを買ってつけるように

なった。手からは波動が出てると言われる。

いわゆる気とも言う。左手から入り右手から

出てるらしい。東洋の医学や占星術は人体を

ひとつの宇宙として見ている。

 

物を買うときに大事な事は気分が良くなること。

飢えてがっつくような状態ではなく。ふわっと

テンションがあがるような感じ。少しでも

迷った場合や思っていたイメージと一致しない

場合、無理に妥協して買うことはしないように

している。

 

あと天然石などには石の説明として効能や効果

などを書いているが、わたしは基本的には

表面的な意識、喉からすぐ出てくるような願いや

願望を込めて石を買うことはない。心の深い

ところに薄く沈めたような気持ちや願いがかかって

いるような感じ、それを買ったからどうのという

ではなくて、これから起きることに対してのきっかけ

遠くの水面に石を投げるような感じだろうか。

 

あっちへ進んでいくよ、見にいくよって潜在意識

への働きかけのような気がする。気分転換の部分が

大きいかな。おしゃれの面もあるが。

 

理詰めで物を買うと心が満足しない。

失敗はあるだろうが、直観で衝動買いするのは

仕方がないことなのかも。

これが心臓バクバクの方に行くとバーゲンや

ガチャガチャになってくるんだよね。