janoti31のひとりごと日記

すべては奇跡、偶然なき必然

ちょっと嫌な癖

 

わたしにはちょっと嫌な癖がある。変な癖がある。怖い癖がある。

 

それは駅や乗り物に乗ったり、人の多い場所に行くと現れる。なんでだろうって

考えたこともあるけど。明確な答えは出てない。

 

その癖はこの乗ってる電車が脱線したら、地下鉄の中で火事が起こったら、乗り物の

中で暴れ出す人が居たらとか、飛行機が落ちてきたら、工事現場の上から鉄骨が落ちて

きたらとか、橋が落ちてきたら、車やバスが突っ込んで来たら、爆弾が落ちてきたら、

天井の照明が落ちてきたら、エスカレーターで将棋倒しが起こったら、エレベーターが

高層階でストップしたら、買おうとしてる物に針やカミソリがくっついていたら、窓や

鏡の中にカメラがあったらとか、道路や床が崩れて下に落ちたりとか・・・。

 

そんな事を考えてしまう。周囲の音を聴いてしまうとその思考が増幅される事がある

ので好きな音楽を聴いて、軽い耳栓代わりに。座席に座った時は本や雑誌を読んで気

を紛らわせている。誰か連れや相手がいる場合は出てこない。必ずひとりの時に出る。

 

恐れ?心配性?病気?どれもあてはまるだろうけど、どれでもない気もする。お医者

さんに聞いてみたい気もするけど、ちょっと怖くて聞けない。日常生活に支障をきた

してないけど、まず起こらないって解ってても出てくるので少し厄介。