janoti31のひとりごと日記

すべては奇跡、偶然なき必然

誰のエルサレム

 

トランプさんがエルサレムイスラエルの首都だと発言した。そのせいでざわつき

はじめている模様。人が居場所を求める存在である以上。土地や領土の問題は根が深い

居場所は思い出であり、執着であるからだ。そこで生まれ育ち、そして死んでいく。

住む土地は身体や息を吸う空気のように切っても切れないもの。だから譲れない。

 

しかし悲しいかな、土地には限りがあるが、人の心には限りがない。イスラエル人の

エルサレムでもあるし、パレスチナ人のエルサレムでもあるし、誰の物でもある。

無論、鳥や犬、猫、魚、虫やトカゲなど人間以外の生き物にとっても。

欲しがること主張することは悪いことではないが、争うことはいけない。結論を出さ

なくても良いこともあると言う事。ひとつルールを決めるなら戦争をしない。武器や

暴力を使わないこと。人を傷つけない、物を壊さないこと。それだけで良いと思う。

 

誹謗中傷はいけないが議論や相談を行うのは人間の知恵。消えない宿題であれば気の

済むまでやれば良いかなと思う。時間の無駄?いやいやこれだけの深い話。無駄には

ならないよ。子孫はこの後もこの世界で土地で生きて行かなくちゃならないのだし。

 

大事なのはどこまで素直に真剣にフラットに相手を自分を信じられるか。

思い込みや過去のしがらみや経験をしまっておけるか、最後は同じ人間なんだってのが

頼りにならざるを得ない。それはそれで難しい。なぜなら皆、自分が可愛いからね。

 

この執着こそが最大の進化であり、退化だとも言えるのかな。