janoti31のひとりごと日記

すべては奇跡、偶然なき必然

スーパームーンと戊戌の年

 

今日の午前11時半くらいにスーパームーンを迎えるらしい。

太陽が登ってる時間だから見えないので昨日の晩に月を見てみたがデカイ!!

ビルかマンションの25~30階くらいにあるような錯覚を受けました。

朝の月の入りにもう一度見ましたが、ハッキリと見えました。

色は少しピンクがかった黄色みたいな感じでしたね。シャンパンピンク。

 

2018年はつちのえのいぬどしって言うらしいけど、60年前は1回目の東京

オリンピックの6年前で、メーン会場の国立競技場が出来た年らしい。

でもって現在、2年後にまた東京でオリンピックをやる予定で2代目の国立

競技場を作ってる最中。同じようなことになってるやん。あら不思議。

 

 戊戌ってどっかで見たような記憶があったと思いきや120年前の清朝

ゴタゴタが戊戌の政変。西太后が甥っ子の皇帝(11代光緒帝)の企みを潰した

のがそう。西太后は悪女ってイメージが強いが、実際はそこまで酷くなくて

結婚した旦那さん(9代咸豊帝)に先立たれ、息子(10代同治帝)を守るために

摂政(皇帝のヘルプ)みたいな事をやりましたが、息子も先に死んでしまった。

次は妹の子供が光緒帝なんだけど、息子と同じような気持ちで守ってた

つもりだったが裏切られたような?気持ちになって潰しちゃったって話。

幸薄のお母さんがお店や会社守るために必死で働いたけど・・・てな話に近い。

 

清朝と言うと満漢全席ってのがありますが、豪華な宴会料理の極みで数日

かけて食べるような種類も量も手間もすごい料理。彼女は厨房の料理人が

賄いで食べる野菜炒めとかが好物だったようです。

ラストエンペラーと言う映画があるけど、彼が光緒帝の次、清朝で最後の

12代皇帝宣統帝溥儀の話です。

 

つちのえは五行で土。いぬも五行では土だそうで、土と土。茂るとか滅ぶ

とかの意味もあるらしい。数年前に流行った言葉のスクラップ&ビルドみたい。

無駄な枝葉を切って残す幹を守る、下の地面に日を当てるためでもある。

ごちゃごちゃしたものを整理して次の事に備える意味もあるのだろうか。

 

正月という感覚はわたし自身の中ではとうの昔になくなって、友人や知り合い

の方から来る年賀状などでああ正月なんだなと感じる程度。 メンタル的に

この2年苦しかったので、楽しい1年にしたい。