janoti31のひとりごと日記

すべては奇跡、偶然なき必然

睡眠は百薬の長

 

やっぱしんどい時は寝るに限る。

月曜の朝に電池切れてから、心の声に耳を傾けて

寝る、寝る、寝る、たまに起きて飲む食べる。

を約3日。60時間を超えたくらいでやっと身体が

動くようになった。風邪も少し良くなったようで。

声も出るようになった、痰や鼻水も出なくなった。

 

しかし昼間に寝ると夢を見て仕方ない。

高層ビルの屋上から下にヒューっと降りるとか

ぶぁーと駆け上がってみたりとか、時間は朝方

清々しかったなあ。延々と続くエスカレーター

とか、最後に見た夢は誰かにいたずらされて

無性に腹が立つものだから、そこに有った

鉄棒かバットみたいなんで人を殴り続けた。

リアルだと考えられないのだけど。息せき切って

顔真っ赤にしてその相手を叩き続けた。それが

誰かは分からない。自分かも知れない。

 

少し?休んだだけだが数か月ぶりに仕事に行った

ような気がした。たくさん寝たから余計時間が

経ったような気がしたわ。足元は少しふらついて

羽根が生えているのか、誰かがわたしの背中を

抱えて持ってるようなフワフワ感。

知ってるけど知らない誰かがいっぱい居て

違う職場に来たようでやりにくかったわ。

 

作業は独りでやるに限る。仕事は誰かにフォロー

&ブレーキしてもらうのが最良やね。

スイッチ入ると後の事考えずにかっ飛ばすので

ダウンするまでやってしまう事がある。

独りだと誰もブレーキかけてくれる人が居ない

から車止めに突っ込むまで走ってしまう。

トップスピードに達するのも時間がかかるが

ブレーキをかけてきちっと制動ができる方でもない。

 

ああ要領悪い。会社勤め向いてないのかな。

少し生き返ったので次の週末はやりたい事をやる。