janoti31のひとりごと日記

すべては奇跡、偶然なき必然

(ADHD)電話とちる

 

動作とは脳から指令を出し手足や身体を動かすこと

だが、言葉も喉を動かして音を発するという運動だ。

 

今日は仕事中、内線含めて電話が5~6回かかって

きたが、ほとんどうまく喋れなかった。なんか考え

る前に思ってる事をダァーっと喋ってしまって。

緊張してる訳でもない。慌ていたわけでも無かった。

緊急や苦情の連絡でもなかった。よくある質問や

依頼の連絡のやり取りだったのだが。

とにかく近くで他の人が聞いてたら苦笑いする

ような感じだったと思う。

 

その1、ジャノさん~アーニーさんから内線入って

ます。はいアーニっ・・あ・ジャノです。

相手の名前を言って出てしまう。

その2、ジャノさん3番に何々のベンソンさん

からお電話です。お電話変わりましたジャノです。

何々のベンソンです、お世話になります。

ジャノです、お疲れ様です。・・・なんで?!

お客さんにお疲れ様ですを行ってしまう。ガーン。

 

あとの数回もグダグダで何を喋ってたのかあんま

記憶がない。メモも取ってるし、急ぐつもりも

焦りもほとんど無いんだけど。ゆっくり喋れって

思ってるんだけど、ブレーキ壊れてて冷静に話せ

ない状態だった。

脳が高速で回転してて、そのままに洪水のように

どばぁ~って言葉が垂れ流される状態だった。

 

何を考えてたのか、何も考えてなかった。

ただその時の気分や思ってる事をそのまま喋った

だけだったと思う、考えて喋った記憶は微塵も

後で振り返ってみて、医者で話すときはゆっくり

落ち着いて話すようにって言われたことがあった。

失敗するのは良い、あんま進歩改善してないのが

ちょっと悲しい。治らないのかも。

 

人から冷静で落ち着いてると思われてる事が

多いけど、心の中はジェットコースターのよう。

計算?ざっくり感覚でソロバンはじいてるが

行動を決めるのは気分と直観。月曜の朝に

ガス欠になるって頭で分かっていても、心は

やりたいとこまで仕事したかった。結果は

他人には理解不能だが、自分さえ良ければ。

だって、毎朝日が昇って、目が覚めるって事を

当たり前って思いたくないから。