janoti31のひとりごと日記

すべては奇跡、偶然なき必然

食欲が暴れて困る

先週あたりから本格的な

冬の到来で食欲が増進。

 

急に寒くなったのが原因か?

仕事でのストレスや疲れか?

加齢による睡眠力の低下か?

セロトニン不足による糖分

や脂質の過剰欲求か?

 

多分全部当てはまる。

まあ代謝は冬季の方が

高くなるので、かすり傷で

済んでいるのだが。

 

大事なのは意識。

いつもより食べている。

お腹が出た姿を朧げに

想像して己に脅しを

かけ続けること大切。

 

この正月休みはゆっくり

食べることを練習しよう。

食欲と睡眠時間のテコ入れ

日中に眠くなることはない。

が夕方にガス欠になることが

ちょくちょくある。

立ちくらみがたまに出るのが

ちょっとした悩み。

 

少食、短時間睡眠でも潰れない

ような気がして来たもんで。

 

人の数だけ、健康法がある。

人の数だけ食事法がある。

和洋だの中華だの、菜食だの

肉食だの、糖質脂質だの

研究がされているが答えなど

ない。だから好きなものを

選んで食べていくだけ。

それを選ぶのは直感と本能。

 

あなたが食べて毒になるものも

わたしには薬になります。

その逆も然り。ただ美味しいよ

って軽く教えてあげるだけ。

食べ物の口コミほどあてに

ならない物はない。

 

甘い、辛い、酸っぱい、

しょっぱい、苦い。

どれも美味しい。

 

最近の人間は濃い味に

慣れてしまってような気がある。

それは白黒はっきりつけない

といけないような世相の

雰囲気と無関係ではあるまい。

 

わからない、曖昧を許容できる

のも知性だと思うのだが。